るり幼稚園の沿革

沿革及び特色

写真

本園は、昭和53年12月12日、宮城県の公認を経て設立。広大な運動場と広い施設を有した最高の環境で、伸び伸びした、心身共に健全な園児の育成に努めています。

学校教育法により、お釈迦様の慈悲の教えを保育の柱とし、仏教行事を通して情操教育を行っています。

また、保育にマーチング・パソコン教室・英語教室・体育教室などを取り入れ、遊びながら学び、智恵や感性、多彩な個性を伸ばせるよう、様々な教育を行っています。平成24年度からはチアダンスとフットサルが加わりました。(特色ある保育のページに詳しい説明があります)

通園

写真

本園は通園を安全に、楽しくするため、園児専用SL型・新幹線型スクールバス等を使用しております。両バス共に送迎バス位置情報システム(ドコ・バス)を搭載しています。このシステムは設定したいくつかの通報ポイント(停留所)を通過するごとに位置情報を更新し、登録を希望された方に、自宅のパソコンや携帯電話のメールに現在のバスの位置と通過時間をお知らせしています。大雨や雪が降って交通渋滞からバス到着が予想できない時にバスが今どこを走っているのか確認することができます。長時間、バス停で待つことがなくなります。

施設

写真

鉄筋、鉄骨1部2階延べ670平方メートル、保育室、体育遊戯室、職員室、準備室、ビデオ視聴設備、コンピューター室、手・足洗場、プール、砂場、固定遊具、水洗トイレ(洋式あり)、各室冷暖房、運動場676平方メートル。

施設

写真

大きな地震などの災害に備えて、万が一ライフラインがストップした場合、るり幼稚園独自のシステム「無停電電源装置」を使い、子供たちの安全確認や避難場所をすぐに保護者の方に一斉メールでお知らせします。またバス送迎時の災害でも、GPSを使いドコモシステムからバスがどの位置にいるのか素早くキャッチし、保護者の方に知らせることができます。災害時に園から別の場所へ避難をしたり、長時間、保護者の方のお迎えを待たなくてはならなくなった場合でも父母の会の協力で非常食用の水とビスケット・簡易トイレが準備されています。園舍内もすべてのドア・窓のガラスに飛散防止のフィルムを貼り、ガラスが割れても飛び散らないなどできる限りの対応を行っています。また、不審者対応として、正面入り口はカメラ付インターホンにて来訪者が確認でき、さらにオートロックドアにより施錠管理がされています。保育室および各出入り口には警備会社直結の非常ベルを設置し、素早い対応ができるようになっています。

制服

写真

本園指定の制服・制帽(夏・冬)、カバン、体操着(夏・冬)を着用していただきます。 (ユニフォームはこちらをご覧ください。

預かり保育

保育終了後、19:15まで専任保育者による預り保育を行っております。土曜日や春・夏・冬休みなどの休園日も 7:30~19:15までお預りします。(詳しい説明はこちらをご覧下さい。)

課外教室

本園では保育時間終了後、課外の先生によるカワイピアノ教室、カワイ体育教室、浜山絵画教室、カワイ英語教室、楽天チアダンス教室などを実施しています。

父母の会

園児の保護者で「父母の会」を組織し、相互協力により教育の向上と保護者の方々の親睦を計っています。幼稚園給食センターや環境施設の見学などの家庭学級や子育て講座を行っています。

就園奨学金

仙台市より3・4・5才児に対して市民課税額に応じて奨励金が支給されます。

安全保障プラン

安全会(日本スポーツ振興センター)に全員加入していただきます。希望により個人で普通傷害保険に加入出来ます。

給食

給食は、毎週月~木曜日まであり、金曜日のみお弁当の日となります。

入園願書受付について

11月1日 8:30より入園願書を受付いたします。